Posted on: December 25, 2015

Honolulu Property Tax Reisdntial A Classification

ホノルル市住宅Aクラス固定資産税

Residential A Classification on island of Oahu, Hawaii was created to raise property taxes levied on second homes other than primary residences, and includes only properties valued at $1 million or more. 

 

There was an article on Honolulu Staradvertiser December 18, 20015 issue titled not legal, attorney says"  http://www.staradvertiser.com/?s=City+property+appraisal+not+lega%2C

 

Honolulu property owner's attorney said "his client will appeal the city's assessment for the Residential A classification, which applies to parcels valued at $1million or more that do not have a homeowner's exemption." 

 

We would like to keep eye on how it goes.

 

ハワイ州オアフ島で、市の評価額が100万ドル以上で住宅控除が認められない住宅不動産に課せられることになったA級住宅固定資産税は、施行以来物議を醸しだしております。

 

12月18日のホノルルスターアドバタイザー紙に、小さな記事がありましたが、ある不動産所有者がホノルルの市による固定資産税の評価は憲法違反だと主張する旨が書かれていました。この方は、今年7月に施行されたA級住宅固定資産税について、不動産の用途ではなく、評価額に基づいてクラス分けされたことが違憲として控訴するとのことです。

 

このA級住宅固定資産税は、固定資産税の評価額が100万ドル以上の物件の1000ドルにつき6ドルの税率で徴収されるようになりましたが、100万ドル未満であれば、1000ドルにつき3ドル50セントの税率になります。このたった1セントでいきなり2500ドルも課税額が異なるのは、平等保護条項に反すると述べています。さらに、州外の納税者に不平等な地方税の負担をかけることは合衆国憲法に反するとも述べています。

 

この控訴の行く末に注目したいです。

Disclaimer: All content provide on this Blog page is for informational purpose only.  The owner of this blog makes no represntations as to the accuracy or completeness of any information on this site or found by following any link on this site.  The owner of this blog will not be liable for any erros or ommisons in thie information nor for the availability of this information.  The owner will not be liable for any losses, injuries, or damages from the display or use of this information.

免責条項:このブログページの内容は、全て、あくまでも情報伝達を目的とするものです。このブログの所有者及び著者は、このサイトもしくはこのページからリンクされたサイトにおけるいかなる情報についての正確さ、完全さを主張するものではありません。当ブログの所有者ならびに著者は、この情報の間違いまたは見落とし、またはこの情報の入手状態について一切責任を負いません。さらにこの情報が提示されていることから万一発生した損失、障害、または破損について一切責任を負いません。

Posted on: September 23, 2015

ADU(Accessory Dwelling Units)

「離れ」住宅合法化

New law allowing homeowners building ADU (Accessory Dwelling Units) came into effect earlier this month.  The manual for prospective ADU unit builders is being prepared and it is expected to come out sometime in February according to Star-Advertiser issue September 22, 2015. 

Creating more affordalbe housing and enabling homeowners to create one on their own properties were among the missions of the some law makers and the following is a list of requirements and guidelines as follows:

» An ADU can be a maximum of 400 square feet for lots of 3,500-4,999 square feet; on larger lots, they can go up to 800 square feet.

» ADUs have no residency restrictions barring non-relatives, as the ohana housing law did, and it requires one off-street parking space instead of the two for ohana units.

» ADUs must be in areas with adequate sewer and water capacity.

» Owners, or their relatives or authorized representatives, must live on the property; exemptions for hardship (illness, military deployment) are possible.

» Units can be prefabricated, modular units, if they meet other ADU provisions.

(Exerpts from the newspaper)

     

「離れ」住宅合法化(勝手な言い回しですが。。。)アクセサリー・ドゥエリング・ユニット、併設住宅とでもいいましょうか。「離れ」というのがしっくりいくような気がします。今まで、オハナユニットというのは存在しましたが、これはファミリーメンバーしか住めない離れなら、許可を得た敷地にのみ建てられるケースはありました。この新しい法律により、一定の土地の広さがあれば、条件を満たした離れが建設でき、これをファミリー以外の人に賃貸できるようになりました。これは、アフォーダブルすなわち一般市民の手の届く価格帯の住宅が不足しているオアフの深刻な不動産事情を背景に設けられた法律です。‐ ADUは、3500スクエアフィートから4999スクエアフィートまでの広さの土地がある敷地内に最高400スクエアフィートの広さで建設可能。これより広い土地があれば、ADUの広さは、800スクエアフィートまで可能。‐ ADUは、オハナ住宅のように家族だけしか住めないとかでなく、住人の制約がありません。さらに、オハナは2台分の駐車場が必要でしたが、ADUは、1台分(路上駐車でなく敷地内の駐車場であること)です。‐ 下水道の許容量が適切である地域になること。‐ オーナーまたはその親戚、委任されている代理が同敷地内に居住していること。病気、兵役などの都合で無理な場合は免除の対象として可能。‐ ユニットは、ADUの規則を遵守するものであれば、プレハブ住宅、あるいはモデユラー家屋(いずれも工場でパーツを製造し、現地で組み立て、現地の建築許可を得なければならない)でもよい。(上記リストは、スターアドバタイザー紙2015年9月22日より引用)    

 

Disclaimer: All content provide on this Blog page is for informational purpose only.  The owner of this blog makes no represntations as to the accuracy or completeness of any information on this site or found by following any link on this site.  The owner of this blog will not be liable for any erros or ommisons in thie information nor for the availability of this information.  The owner will not be liable for any losses, injuries, or damages from the display or use of this information.

免責条項:このブログページの内容は、全て、あくまでも情報伝達を目的とするものです。このブログの所有者及び著者は、このサイトもしくはこのページからリンクされたサイトにおけるいかなる情報についての正確さ、完全さを主張するものではありません。当ブログの所有者ならびに著者は、この情報の間違いまたは見落とし、またはこの情報の入手状態について一切責任を負いません。さらにこの情報が提示されていることから万一発生した損失、障害、または破損について一切責任を負いません。

Posted on: September 23, 2015

ADU(Accessory Dwelling Units)

「離れ」住宅合法化

© 2023 by ​MCDONALD&HARRIS. Proudly created with Wix.com.

  • w-facebook
  • Twitter Clean
  • Google Clean